乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)で青汁わらび餅を作ったよ~!

今回は、世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁と、かんてんぱぱのわらび餅の素を使って、青汁わらび餅を作ってみました!

わらび餅は、日本の伝統的な和菓子で、古くは醍醐天皇の大好物だった・・・という記録もあるそうです。

材料

乳酸菌が入った青汁とかんてんぱぱのわらび餅の素

かんてんぱぱのわらび餅の素は、黒みつもきなこも付いているし、電子レンジでチンして作ることが出来るので、誰にでも簡単に作れちゃうので便利です!

●<材料・4~5人分>●
・乳酸菌が入った青汁(世田谷自然食品)2本
・わらび餅の素(かんてんぱぱ)1袋150g
・黒みつ(わらび餅の素に付いている)
・きな粉(わらび餅の素に付いている)

 

熱湯に入れる

熱湯300mlに入れる

ボールに300mlの熱湯を準備します。

その中にわらび餅の素1袋(150g)と青汁2本を入れてます。

 

かき混ぜる

良くかき混ぜます。

そして、ダマが無くなるまで十分にかき混ぜます。

 

ラップする。

容器にラップする。

ダマが無くなるまでかき混ぜたら、電子レンジ対応の容器に流し込みます。

できれば四角い平らな容器の方が良いと思いますが、我が家にはこれしかありませんでした。

そして、電子レンジを使うので、容器にラップをします。

 

電子レンジ

電子レンジに入れる

電子レンジは500Wの場合、3分から4分くらい加熱します。

 

スプーンでかき混ぜる

スプーンでかき混ぜる

水で濡らしたスプーンを使って全体的にかき混ぜます。そして混ぜたら表面を平らにします。

スプーンは水でぬらさないとわらび餅がくっついて絡まってしまうので注意です。

私の場合は、なかなか表面が平らになりませんでしたw

 

氷水

氷水で冷やします。

熱くなったわらび餅を冷やします。

自然に放冷して冷やすのは時間が掛かるので、ここではボールに氷水を用意して冷やします。

冷蔵庫内で長時間冷やしてしまうと固くなってしまいますので注意しましょう!

 

カットする

包丁でカットします

わらび餅が冷えたら、容器から取り出します。

そして、ラップを巻いたまな板の上で包丁でカットします。

容器から取り出す時は、水で濡らした方がくっつかずに取り出しやすいみたいです。カットする包丁も水に塗らした方が良いですね。

見かけが、なんか・・・コンニャクみたいですねw

 

 

青汁わらび餅

盛り付けたら青汁わらび餅の完成です!

わらび餅を四角にカットしたら、器に盛りつけます。

上から、きな粉を振りかけて、黒みつを垂らしたら出来上がり~!

青汁わらび餅の完成です!

 

管理人の評価

早速、自分で味見してみましたが、なかなか美味しかったです!

夏の暑い日などには、ヘルシーデザートの青汁わらび餅も良いですね!