Q&A: 青汁の原材料について

Question青汁って何から作られていているの?

Answer
青汁の主な原料になっているものをピックアップしてみました。

<ケール>
今までの青汁の原材料は、主に「ケール」と呼ばれている緑黄色野菜がメインで使われていました。ケールというのは、驚くほど栄養成分が豊富に含まれていてキャベツの原種だとも言われています。苦味が強く青臭いので、ケールの青汁はとても飲み難いです。

<大麦若葉>
近年では、ケールと同じく人気があるのは、大麦若葉の青汁ですね。「大麦若葉」も非常に多くの栄養成分が含まれています。大麦若葉の青汁は、味にクセが無く飲みやすいので人気です。

<明日葉>
明日葉の青汁も一部のユーザーには人気があります。「明日葉」は伊豆諸島あたりに自生しているセリ科の植物で、栄養成分も豊富に含まれています。苦味があり、多少、飲み難い感じです。

<桑の葉>
桑の葉の青汁も徐々に人気が出てきているようです。「桑の葉」も凄く栄養豊富で、DNJという特殊な成分が含まれていることで注目を浴びている素材です。桑の葉の青汁は、味は、クセが無く飲みやすいです。

<クマザサ>
クマザサの青汁は比較的新しい青汁です。クマザサにも沢山の栄養成分やアミノ酸、多糖体なども含まれています。クマザサの青汁は、クセが無くて飲みやすいです。

<ミドリムシ>
ミドリムシは植物なのですが鞭毛運動をする動物的性質を有する微生物です。ミドリムシには細胞壁が無いので、豊富な栄養成分を余すところなく吸収できるのが特徴です。