青汁の軌跡について

最初に「青汁」と呼ばれるものが生まれてきたのは、丁度、第二次世界大戦の戦中、戦後の辺りになります。

当時は戦争のために食糧事情が悪くて食べるものが少なかったせいで、栄養不足を感じている人々が多かったようです。

そんな状態を見かねた遠藤博士というお医者さんが、何とかしようと考え出したのが、当時は捨てていた「野菜の葉っぱなど」をジュースにして飲むという事でした。

これが青汁の始まりです。

ケールと青汁

そして1990年代には、青汁がテレビCMなどでも見受けられるようになり全国的に広まる原因となりました。

健康を意識している人達は、青汁をいろいろと味を工夫しながら飲み続けますが、どうしても苦味や青臭さがダメで飲むのを断念する人たちも多いというのも事実です。

いつ頃からか、青汁の材料に使われている野菜も変化しながら、健康食品メーカーの努力によって製品化されるようになってきました。

特に、最近では、大麦若葉の青汁は「味にクセが無い」という事で、飲みやすいと評判になり人気が出てきています。

大麦

このように青汁の原材料の研究も進むと同時に、新しいタイプの青汁の製品化を進めるケーカーも出てきています。

例えば、青汁に美容成分を配合したり、乳酸菌を配合したりして、単なる青汁から一歩進んだ「新しいタイプの青汁」を開発するメーカーもあります。

このように、青汁も時代と共に徐々に進化してきています。私は、今後の研究開発と進化にも大いに期待しています。

クマザサの青汁について

クマザサ

クマザサは、漢字で書けば「隈笹」という風になります。「熊笹」と書いてあるのは当て字というか誤りだそうです。

どうして隈笹と書くのかと言えば、冬になるとササの葉の周りが枯れてしまい歌舞伎のお化粧の隈取のように見えるからだそうです。

クマザサは、青汁の原料にも選ばれているように栄養成分などが豊富に含まれています。

このようにとてもヘルシーなクマザサなのですが、従来、なかなかこのクマザサで青汁を作ることは技術的に簡単ではありませんでした。

実は、クマザサというのは、非常に硬い食物繊維含まれているため、昔は、青汁できなかったのです。

近年は加工技術が進んできているのでクマザサで青汁もできるようになっていて、健康食品メーカーからもクマザサの青汁や、クマザサを素材の一部として含んでいる青汁製品も販売されています。

Q&A: 青汁の原材料について

Question青汁って何から作られていているの?

Answer
青汁の主な原料になっているものをピックアップしてみました。

<ケール>
今までの青汁の原材料は、主に「ケール」と呼ばれている緑黄色野菜がメインで使われていました。ケールというのは、驚くほど栄養成分が豊富に含まれていてキャベツの原種だとも言われています。苦味が強く青臭いので、ケールの青汁はとても飲み難いです。

<大麦若葉>
近年では、ケールと同じく人気があるのは、大麦若葉の青汁ですね。「大麦若葉」も非常に多くの栄養成分が含まれています。大麦若葉の青汁は、味にクセが無く飲みやすいので人気です。

<明日葉>
明日葉の青汁も一部のユーザーには人気があります。「明日葉」は伊豆諸島あたりに自生しているセリ科の植物で、栄養成分も豊富に含まれています。苦味があり、多少、飲み難い感じです。

<桑の葉>
桑の葉の青汁も徐々に人気が出てきているようです。「桑の葉」も凄く栄養豊富で、DNJという特殊な成分が含まれていることで注目を浴びている素材です。桑の葉の青汁は、味は、クセが無く飲みやすいです。

<クマザサ>
クマザサの青汁は比較的新しい青汁です。クマザサにも沢山の栄養成分やアミノ酸、多糖体なども含まれています。クマザサの青汁は、クセが無くて飲みやすいです。

<ミドリムシ>
ミドリムシは植物なのですが鞭毛運動をする動物的性質を有する微生物です。ミドリムシには細胞壁が無いので、豊富な栄養成分を余すところなく吸収できるのが特徴です。

Q&A:青汁の最適な分量について

Question青汁の最適な分量ってどれくらいなの?

Answer
健康のために「青汁を毎日飲んでいる」という方は多いと思いますが、健康になりたいからと言って、沢山飲めばその分健康になれるのか?と言えばそうではありません。

物事には全て「適度・適量」というものがあるように、青汁を飲む分量にも適切な分量があります。

青汁を飲むのが健康に良いと言っても、「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということで、分量が多すぎると逆に良くないことも起こったりします。

例えば、青汁を多めに飲んでしまったりすると、お腹の調子が崩れたりするとこもあります。

ですので、青汁を飲み始める時には、最初に自分にとってどれくらいの分量が適量なのか?をまずは見つけておくことが大事です。