クマザサの青汁について

クマザサ

クマザサは、漢字で書けば「隈笹」という風になります。「熊笹」と書いてあるのは当て字というか誤りだそうです。

どうして隈笹と書くのかと言えば、冬になるとササの葉の周りが枯れてしまい歌舞伎のお化粧の隈取のように見えるからだそうです。

クマザサは、青汁の原料にも選ばれているように栄養成分などが豊富に含まれています。

このようにとてもヘルシーなクマザサなのですが、従来、なかなかこのクマザサで青汁を作ることは技術的に簡単ではありませんでした。

実は、クマザサというのは、非常に硬い食物繊維含まれているため、昔は、青汁できなかったのです。

近年は加工技術が進んできているのでクマザサで青汁もできるようになっていて、健康食品メーカーからもクマザサの青汁や、クマザサを素材の一部として含んでいる青汁製品も販売されています。