大麦若葉の紹介と栄養成分について

●世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」に使われている大麦若菜について

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁
 

初回限定1箱1000円!
世田谷自然食品の青汁に興味がある方は下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp
 

世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」には大麦若葉がメインの原材料として使われています。

言葉の通り、大麦の若葉を使って青汁の原材料に使っている訳ですが、大麦の若葉にはいろいろな栄養成分が含まれているという事で注目されています。

最近では飲みやすいと言われている大麦若葉を使っている青汁もかなり増えてきました。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁に使われているのは、丹精込めて育てられた国産の大麦若葉です。

実は、大麦の種類には二条大麦と六条大麦の2つがあり、この「乳酸菌が入った青汁」には、ほのかな甘みのある六条大麦が採用されています。

素材自体に、ほのかな甘みがあるので、このような美味しい青汁ができるのでしょう。

世田谷自然食品では、大麦若葉の本来の美味しさを大事にしたいという考えから、出来るだけ自然の状態で栽培できる「露地栽培」にこだわっています。

ですので、「乳酸菌が入った青汁」に使われる大麦若葉は、綺麗な澄んだ水などの豊かな自然や、大麦若葉の栽培に適している気候が備わっている環境で栽培されています。

そして農家さんによる丁寧なお世話により無農薬、そして化学肥料を使っていない安心・安全な大麦若葉が育てられています。

また、大麦の若葉に含まれる栄養が充実する旬な時期を見計らって収穫されますので、栄養成分が豊富に含まれた大麦若葉が原料として収穫されます。

若葉の葉丈が30センチほどになる頃が収穫の目安です。

しかしながら、このように適切な刈り取り時期を見極めるの難しく、熟練した農家の方々の日頃の努力に頼っている部分も多くあります。

このような契約農家さんの努力によって、栄養成分はもちろんのこと、美味しい風味・コク・香りが味わう事が出来るのです。

 

 

 

●大麦若葉に含まれている栄養成分と有効成分

大麦

さて、大麦若葉に含まれている栄養成分や有効成分関してここでご紹介したいと思います。

大麦若葉は青汁の原材料にも採用されているように、多くのビタミン類やミネラル類、食物繊維が含まれています。

大麦若葉をメインに使っている青汁の特徴としては、栄養成分が豊富に含まれている事とは別に「非常に飲みやすい」という点が挙げられます。

今後も、大麦若葉を使った青汁の人気が高まることが予想されますね!

使われているクマザサ・緑茶について

●世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」に使われているクマザサについて

pixta_11394401_S
世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁には、大麦若葉の他にはクマザサが使われています。

このクマザサは、北海道に自生しているものが採用されていて、熟練した職人さんの手によって、一枚づつ良質な葉を選別しながら摘み取られています。

北海道の大地には、未だに広大な大自然がそのまま残っていて、そこで自生しているクマザサにとっても良い環境であることが覗えますね。

クマザサは、現在でも、単独で青汁の原材料として用いられていますので、その含まれている栄養成分も優れていることは容易に理解できます。

例えば、クマザサはキャベツの33倍以上の食物繊維を含んでいます。

このような優秀な素材は青汁等の健康食品などに大いに使って行くべきですね。

●世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」には緑茶も使われています

抹茶
青汁などの健康食品は、毎日のように飲み続けてこそ効果が表れてきます。そこで、世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁を、さらに美味しく飲めるように抹茶の粉末を加えてあります。

抹茶とは、緑茶の葉を微細な粉末にしたものですが、近年ではアイスクリームやケーキ、チョコレートなど色々な分野で、その爽やかな風味が利用され、抹茶ファンにも喜ばれています。

青汁の原材料に抹茶が採用されることで、美味しく頂けるようになります。

青汁に抹茶を加えることは、風味をより良くするというメリットもあるという事ですね!

世田谷自然食品「乳酸菌が入った青汁」の乳酸菌について

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁
 

初回限定1箱1000円!
世田谷自然食品の青汁に興味がある方は下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp
 

世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」には、その名前の通り、乳酸菌が加えられています。

その乳酸菌はヨーグルトやチーズなど動物性の発酵食品よりも、日本人にさらに馴染みのあるお米由来の植物性乳酸菌「ラクトパチルスガセイ菌」です。

そして、「乳酸菌が入った青汁」1杯分には、そのラクトパチルスガセイ菌が100億個も入っています。

このラクトパチルスガセイ菌は、玄米を洗って水に沈めて置くだけで、玄米から溶け出す栄養がエサになりどんどん増殖していきます。

世田谷自然食品の乳酸菌が入った青汁には、大麦若葉やクマザサなど栄養豊富な素材、そして食物繊維と、お米由来の植物性乳酸菌のパワーが加わることによって、私たちをさらにイキイキとさせてくれることでしょう。

●植物性乳酸菌について

お味噌
お漬物

植物性乳酸菌というのは、実は日本人にはかなり馴染みがあります。和食に使われるお味噌やお漬物などには、沢山の植物性乳酸菌が含まれています。

ちなみに韓国料理の代表でもあるキムチにも植物性乳酸菌が豊富に含まれています。

安定していない環境下で、いろいろな微生物と共存できる強さを持っているのと、酸に対しても強い耐性も持ち合わせています。