Q&A:青汁の種類について

Question青汁の種類はどのくらいあるの?

Answer
一概に青汁の種類と言っても、分類に仕方によってどのようにも、無数に種類分けできると思いますが、普通はメインの原料に使われている素材によって種類分けしたり、出来上がった製品の形状などで種類分けするのが普通です。

原材料で分類すると、ケールの青汁だったり、大麦若葉の青汁だったり、明日葉や桑の葉、そして、ミドリムシの青汁だったりするわけです。

また、100%のケールの青汁もあれば、ケール+明日葉など色々な素材を混ぜている製品もあります。

また、製品の形状で種類分けしてみると粉末タイプだったりドリンクタイプ、それに搾りたての青汁を冷凍パックにするタイプもあれば、普通のお薬のようにタブレットになっているタイプもあります。

このようにいろいろな形状に加工されることによって、いろいろな場面やニーズに最適なタイプの青汁をユーザーは選ぶことが出来るようになります。

小さな袋やステックタイプ、またはタブレットタイプの青汁は、旅行先でもオフィースでも気軽に持ち運びできて、水さえあればどこでも飲めるという利点があります。

逆に、冷凍パックになっていたり、ドリンクタイプなどは、ご家庭でゆっくりとリラックスしながら飲むタイで、手軽に持ち運びできるようにはなっていません。

また、粉末タイプでも、小さな袋に小分けされているのではなく、大きな袋に多量の粉末を入れてあるようなものは、ご家庭内で家族みんなで飲むのに適していますね。

100%のケールの搾りたて青汁だったり、冷凍パックなどは加工する際のビタミンや栄養成分のロスが少なくて良さそうですね。

家庭では、新鮮な青汁を冷凍した冷凍パックとか、自家製の新鮮な青汁などを飲みながら、職場や旅行先ではステックタイプやタブレットタイプの青汁を携帯して飲むようにすれば良いと思います。