青汁の軌跡について

最初に「青汁」と呼ばれるものが生まれてきたのは、丁度、第二次世界大戦の戦中、戦後の辺りになります。

当時は戦争のために食糧事情が悪くて食べるものが少なかったせいで、栄養不足を感じている人々が多かったようです。

そんな状態を見かねた遠藤博士というお医者さんが、何とかしようと考え出したのが、当時は捨てていた「野菜の葉っぱなど」をジュースにして飲むという事でした。

これが青汁の始まりです。

ケールと青汁

そして1990年代には、青汁がテレビCMなどでも見受けられるようになり全国的に広まる原因となりました。

健康を意識している人達は、青汁をいろいろと味を工夫しながら飲み続けますが、どうしても苦味や青臭さがダメで飲むのを断念する人たちも多いというのも事実です。

いつ頃からか、青汁の材料に使われている野菜も変化しながら、健康食品メーカーの努力によって製品化されるようになってきました。

特に、最近では、大麦若葉の青汁は「味にクセが無い」という事で、飲みやすいと評判になり人気が出てきています。

大麦

このように青汁の原材料の研究も進むと同時に、新しいタイプの青汁の製品化を進めるケーカーも出てきています。

例えば、青汁に美容成分を配合したり、乳酸菌を配合したりして、単なる青汁から一歩進んだ「新しいタイプの青汁」を開発するメーカーもあります。

このように、青汁も時代と共に徐々に進化してきています。私は、今後の研究開発と進化にも大いに期待しています。